片思い占いで彼の気持ちを引き寄せて片思い成就!

年下の男性片思いをしたら、徐々に年齢差を埋めて行くようなアプローチを

好きになった男性が年下で、しかも片思いの場合、告白しようか悩むものですね。
女性の方が年上の場合、男性から「オバサン」と思われているのではないかと不安で、中々告白できないものです。
年下の彼に告白するには、どのようにステップを踏んで行ったら良いのでしょうか。

 

まずは話を聞いてあげる

彼が年下であることのメリットは、話しかける際に遠慮がいらないということです。
年上であるということから、気軽に「どうしたの?」や「何か悩んでいることでもあるの?」と声をかけることができます。
これを利用して、常に彼の健康や日常の様子に関して気がついたことに関して、なるべくポジティブに話しかけてあげるようにしましょう。
年上であることを理由に一緒にお昼ご飯に誘ったり、「ちょっとお茶しない?」と言える立場ですので、利用しない手はありません。
ゆっくり話す機会がとれたら、とにかく彼の話しを聞いてあげましょう。
彼に「やっぱり年上の女性は頼れるな」と思わせれば良いのです。

 

 

女性らしさと可愛さをアピールしてみる

彼と一緒の時に、ゴキブリなどの虫がいたりしたら、遠慮なく恐がってみましょう。
彼がもしも虫が平気なら、「男の人ってそういうところ、凄いね」と言ってみましょう。
更に、綺麗な花や風景を見たら「綺麗だねー」とちょっと色っぽく言ってみましょう。
この時にはなるべく「カワイイー!」というのは避けた方が良いでしょう。
彼に「痛い女性」と思われないように、審美眼を養う様にしましょう。

 

年上の女性なのに可愛い、というところをアピールすることで、普段の貴女との意外なギャップに気付かせます。
彼の頭の中で、そのギャップが貴女の魅力として認識されるようになれば、彼も段々貴女に対して親密になってきます。

 

 

不安そうな表情も見せる

いつでもドーンと頼れる存在では、単なる姉御肌の先輩のままになってしまいます。
時折落ち込んだ様子を見せて、「なんか自分が情けない・・」と彼に相談してみましょう。
普段はしっかりしている先輩が見せる不安そうな表情に、彼もびっくりすることでしょう。
実はそんなに悩んでいないようなことでも、とりあえず彼に相談して、どのようなアドバイスを貰えるのか様子を見ると言うのもテクニックです。

 

数日後、「解決したよ、どうもありがとう! ○○くんって、本当に頼り甲斐があって素敵!」とこの時ばかりは自分が年下になった気持ちで誉めまくりましょう。

 

終わりに

年下の男性に片思いをした場合、徐々にその年齢によるギャップを埋めていくことが必要です。
母性本能と包容力、それでいて可愛らしいところを見せれば、同じ年齢の女性に物足りなさを感じてしまい、貴女のことを選んでくれる可能性も大きくなります。

人気記事一覧