片思いの彼に告白の返事を保留された時に役立つ、四つの判断材料

片思いの彼に告白の返事を保留された時に役立つ、四つの判断材料

片思いをしている男性との仲を進展させたい時、タイミングを見て告白するのも一つの方法です。

 

ところが、彼からすぐに返事があるとは限りません。
「少し考えさせて欲しい」と返事を保留されることもあるのです。

 

そんな時は、彼の言葉をどうとらえたらいいのか迷ってしまいます。

 

そこで、告白前に以下のことを知っておけば、返事を保留されても対処することができます。

 

ここでは、四つの可能性を挙げて検証してみます。

 

 

その① 彼がこちらを恋愛や結婚の対象として見ておらず、明確な返事ができない

彼の女性の好みを探るには、さりげなくいろいろな質問をするのが効果的です。
たとえば、「やっぱり女性だったら家事や料理はきちんとやるべきだよね。私、あんまり自信ないんだけど」などと尋ねてみるのです。

 

もし彼が、あなたのことを異性として意識しているなら、その言葉を打ち消してくれるはずです。

 

何故なら、自分が好意を持っている相手の言葉に異を唱えるのは、かなり難しいことだからです。

 

「そういうのは人それぞれだから。自分の出来る限り一生懸命やればいいんじゃない」というふうにフォローしてくれるなら、脈があるといえるでしょう。
逆に、「女性なら家の中のことは完璧にやらないとね」と言われたなら、あなたのことをさほど意識していないと考えられます。

 

ここから恋愛や結婚につながる可能性は低いのではないでしょうか。

 

もっとも、あなたが家事や料理が得意なら、「私は結構真面目に取り組んでいるけど」と言い添えておきましょう。

 

 

その② あなたが彼の好みのタイプとはかけ離れている

彼はどんな女性が好みなのかを聞き出すと、判断の目安になります。
共通の友人や知人、あるいは有名人などを例に挙げると分かりやすいでしょう。

 

この場合、外見よりも性格面や言動などの好みを参考にし、自分自身と比較するのが大切です。

 

彼の好みの条件に自分も適合していれば、期待が持てます。

 

 

その③ 今は恋愛のことが考えられない状態である

もしかすると、彼は趣味や仕事に打ち込んでおり、恋愛モードではないのかも知れません。

 

あるいは、体調を崩していたり、お金に困っていたりするケースもあり得ます。

 

そこで、あなたの告白に対して即答できなかったという可能性もあるのです。

 

 

この場合は、彼に長期の旅行の誘いをかけてみましょう。
たとえば、「二人で二週間くらい休暇を取って、海外旅行に行きたいね」と言うのはどうでしょう。

 

その回答によって、彼の気持ちをある程度探ることができます。

 

仮に「二週間休みを取るのは厳しいな」という返事なら、言葉通りの意味合いにとらえて良いでしょう。
もし仕事が立て込んでいるなら、「仕事が忙しくて抜けられない」と言うはずです。
趣味に時間を充てたい場合は、「週末はずっと予定が入っている」と答えるものです。

 

はっきりした返事が得られない時は、「2~3日くらいの連休なら旅行できる?」と言い換えてみます。

 

続けざまに質問することで、相手もきちんとした理由を言おうという気になり、本当の事情を明かしてくれます。

 

 

その④ 彼には好きな相手がいる

この場合は、彼も言いだしにくい上、こちらから確認するのも難しいものです。

 

ですから、これまでの問いかけで合致するものがなかったら、この可能性が最も高いと判断しましょう。

 

 

返事の保留中の心構えとは

もし、その②の質問をしてあなたが恋愛の対象外だと分かった場合は、あまりしつこくし過ぎないのがベストです。

 

告白したからといって連絡の頻度を高めると、彼から警戒されたり避けられたりすることが考えられます。

 

自分の気持ちを抑え、彼からの連絡を待つのが効果的です。

 

その他の理由で返事を保留されているなら、できるだけ彼と会う時間を作りましょう。

 

こちらが彼の近くに常にいることを意識させ、かけがえのない存在だと認めてもらうことが大切です。

 

再度告白する時には

彼に再度告白をするには、タイミングを見計らうようにしましょう。

 

その①に該当する場合は、折に触れて自分の気持ちをどんどん伝えると良いです。

 

その②やその④のパターンであれば、彼が自分から返事してくれるまで告白のことには触れないのが無難です。

 

その③の場合は、彼の時間に余裕が出た頃に告白の件を話題に出してみます。

 

そして、相手の状況を良く見極めながら付き合うことで、恋愛成就につながる可能性が高くなります。

 

 

おわりに

告白に即答を得られないと、何かと不安を感じるものです。
しかし、人の心は移ろいやすく、長い期間の中ではさまざまな変化が生まれます。
まず、ひとりの人を好きになることの素晴らしさを大切にし、毎日を過ごしていきましょう。

人気記事一覧